ランニングスコアの記入方法

このページではランニングスコアの記入方法を解説します。なおここで解説する記入方法は一部公式の記入方法と異なります(SNリーグ用に簡略化されています)。

個人スタッツ記録用紙の記入方法は以下のページをご覧ください。

個人スタッツの記録方法

オフィシャル時の確認

SNリーグの試合では1試合で3枚の記録用紙を使用します。

1.ランニングスコア
ランニングスコア

2.個人スタッツ記録用紙×2(チームごとに1枚ずつ)
個人スタッツ記録用紙

オフィシャルをする際はこの3枚の紙と筆記用具がテーブルにあるか確認してください。

ランニングスコアの書き方

個人ファウルの数と個人の総得点に関してはランニングスコアを元に集計しますので、間違えの無いよう注意深く記入するようにしてください。赤と黒のボールペン(鉛筆)が用意されている場合、第1ピリオドと第3ピリオドは赤色で、第2ピリオドと第4ピリオドは黒色で記入します。

■Pl-in
ランニングスコア左側、登録番号と選手名が記載されているところに「Pl-in」の欄があります。試合開始時にスターティングファイブの5人に×印を書き丸で囲みます。試合の途中から出場した選手には×だけを赤または黒で記入します。

記入例
Pl-inの書き方

■ファウル
Pl-inの右側にファウルの記録を取る場所があります。ここには選手がファウルをした場合、ここにファウルの種類を表す文字を記入していきます。

パーソナルファウル・・P
テクニカルファウル・・T
アンスポーツマンライクファウル・・U

フリースローがある場合は、その数(1か2)を記入した文字の右下に書き添えます。

記入例
ファウルの書き方

■チームファウル、タイムアウト
各ピリオドでファウルが起こったらチームファウルの記入欄に×印を付けます。タイムアウトがあったら×印(またはタイムをとった時間(分))を記入します(SNリーグでは各ピリオド1回ずつ取れることになっています)。20秒タイムアウトも同様に記載します。

記入例
チームファウルの書き方

■得点
第1、第3ピリオドは赤、第2、第4ピリオド、延長は黒で記入します。

フィールドゴール(2点)が決まった場合、得点合計の数字を斜線で消し、その左の枠に得点した選手の番号を記入します。

フィールドゴール(3点)が決まった場合、得点合計の数字を斜線で消し、得点した選手の番号を記入して丸で囲みます(囲み忘れが多いので注意してください)。

フリースローが決まった場合、得点合計の数字を●で消し、得点した選手の番号を記入します。

各ピリオドが終了したら、得点合計の数字を丸で囲み、下に太線を引きます。

記入例
得点の書き方

■試合結果
ランニングスコア上部に各ピリオドのスコア、試合結果を記入します。各ピリオドのスコアは、そのピリオドだけで取った得点の合計を記入します。※ 現在使用しているシートは合計の得点だけが記入できるようになっています。各ピリオドのスコアを記入する必要はありません。

記入例
試合結果の書き方

■ランニングスコア記入者、審判
シート上部にランニングスコア記入者のチーム名と名前、審判のチーム名と名前を記入してください。※ 現在使用しているシートは記入者のチーム名と名前だけが記入できるようになっています。審判のチーム名・名前を記入する必要はありません。

審判のサイン

サブコンテンツ

このページの先頭へ